ホーム>EDの症状・原因

EDの症状・原因

男性医師

EDの症状

男性特有の病気としてEDがあり、性行為時に勃起が原因で満足に行うことができないことを指しますが、完全にできない症状から軽症のものまであります

  • 性行為時完全に勃起ができない。
  • 性行為時勃起できるけど時間がかかる。
  • 性行為時勃起できるけど硬さがあまりない。
  • 性行為時勃起しても持続することができない。

などなどの症状もすべてEDに含まれており、自分一人でする時や朝起きた時は起つけど性行為時になるとできないという人もいます。 実は日本国内では成人男性の約半分が何かしら勃起に関して悩んでいる人がいるというデータがあります。さらにその中に高年齢の年代だけでなく、若い年代の人も含まれているのです。人間は老いと共に体の様々な部分が衰えてきます。もちろん生殖機能もピークを過ぎたあたりから下り坂となりますが実はお年を召した人の中でも現役な人は現役なのです。ではどうして若い人でもEDとなり、高年齢でも元気な人は元気なのでしょうか?

EDの原因

セックスレスに悩む女性

EDの根本的な原因は血液が男性性器に流れない、もしくは流れにくい状態になっている事です。この状態になるには様々な理由があります。

血管の老化によるもの

血管には血管年齢と言うものがあり、血管年齢が高いと動脈硬化などに繋がりやすくなります。高血圧の人は血の流れる勢いが高く血管に多くの負担をかけてしまい老化が早くなるのです。血管が衰えてしまうと血液を男性性器にすんなりと送ることができなくなり、EDの症状が出てしまうのです。

精神的な事によるもの

精神的な事が原因でEDの症状が出ることがあり、実は今現在のEDの原因でも大きく割合をしめているのです。勃起するにはあらゆる条件が当てはまらないとできないのですが、脳から勃起させるための合図を送ることが重要なのですが、ここがうまくいかないと合図すら遅れないので血液を送ることもできないのです。

例えば性行為の経験が少ない人などは緊張してしまい起たすことができなくなってしまうのです。さらに夫婦間やカップルなどで起たない事がトラブルとなり心無い事を言われてしまうとそれがトラウマとなって次回以降も起たせることができなくなる事もあります。一時的な事ならばいいのですが、継続してしまうと重症になる場合もあります。他にもうつ病などでもEDになりやすいと考えられており自信をつけることが重要となっています。

医薬品によるもの

ある特定の医薬品の副作用でEDになる事があります。副作用でEDの症状が出ることがあると記載されているものから全く記載されていないものもあります。EDは命に係わる病気ではない為記載されていないのですが、もし常に飲んでいる医薬品があって気になる場合は医師に相談してみましょう。

EDの改善方法

ガッツポーズを取る男性

EDを改善させるには様々な方法がありますが、確かな方法として確約されているものは実は少ないのです。もちろん根本的な原因を改善させることが1番の方法なのですが、それがなかなか難しいからEDになってしまうのです。

ED治療薬での改善

EDを改善したいのであれば一番の方法はED治療薬を使った方法です。勃起に必要な物質を分解してしまう酵素を治療薬によって阻害し血液を男性性器に送りやすくしてくれます。男性性器を性行為時に起たせることで自信へと繋がり次第にED治療薬を使わなくても起つようになる事もあります。

生活習慣の改善

ED治療薬で改善できたとしても根本的な問題が解決できていない事もあります。食事が問題で血管年齢が高い場合食事の内容を改善しましょう。油が多い食事などばかりとっているとED治療薬の効果さえ得にくいときがあります。なるべく野菜などを中心としたヘルシーな食事を心がけましょう。他にも運動不足でも血管が衰えてしまいます。代謝を良くすることも重要で適度な運動から開始してみましょう。

薬の通販