通販で購入できる医薬品

男性医師

医薬品を購入する方法

風邪をひいてしまった場合ドラッグストなどで風邪薬を買いますよね?しかし市販の風邪薬でも治りそうにない場合は病院へ行き医療用の風邪薬を処方してもらう人がほとんどだと思います。医薬品を購入方法で分けると3つに分けることができます。

  • ①ドラッグストアなどで薬剤師がいなくても店頭で買える医薬品。
  • ②ドラッグストアなどで薬剤師がいないと店頭で買うことができない医薬品。
  • ③ドラッグストアでは買うことができず、病院へいき医師の処方の元でしか買うことができない医薬品。

実は①と②は通販でも買う事はできるのです。薬剤師がいないと買うことができない医薬品を第一類医薬品と言いますが、これは薬剤師がいる販売店であれば様々な条件をクリアさえすればネットでも販売することができるのです。一般用医薬品であれば通販で買うことが今現在は可能となっているのです。

では3つ目の医師の処方の元でしか買うことができない医薬品ですがこれは医療用医薬品で処方箋薬に当てはまります。処方箋薬は今現在通販は承認されていませんので病院へ行くしか購入方法はありません。しかしこれはすべて日本国内の処方箋薬に当てはまるルールで海外の一般的に販売されている医薬品であれば日本国内では処方箋薬でも通販で購入する事が実は出来るのです。

医薬品を通販で購入するメリット

喜ぶ女性

日本では処方箋薬として定められている医薬品を通販で買うことができれば、病院へ行く時間が省けるため忙しい人などにとっては大変便利です。しかしこれ以上にメリットとしてオススメな点が2点あり、まずコンプレックスな悩みや人に知られると困る病気の医薬品でも誰にも知られずに買うことができるのです。医薬品の通販で人気の商品のほとんどがコンプレックスの悩みを改善することができるものばかりです。

例えばED(勃起不全)で悩んでいる人や、性病AGA(男性型脱毛症)禁煙など病院へ行くことに抵抗がある症状の医薬品がとても通販では人気となっています。そしてこれらの処方箋薬は殆どが保険適用外のため、かなり高額な値段となってしまうのです。海外通販では日本で販売されている価格よりも安く、さらにジェネリックを選択することで非常にお得に買うことができるのです。

ジェネリックとは

医薬品にはまず一番最初に開発された先発薬と言うものがあります。新薬とも呼ばれていますが、この医薬品に対して同じ成分で他の製薬会社が開発したものをジェネリック、もしくは後発薬と言います。新薬と同じ成分ですので、もちろん効果や効能なども同じなのですが元からある成分を使って開発されているので開発コストが非常に安く済むので、安価な価格で販売することができるのです。ジェネリックはいま日本でも普及しており国をあげてジェネリックを推奨しています。これは高額な医療費を少しでも抑えよようとしている国策なのです。

医薬品を通販で購入する方法

通販から購入する男性

では処方箋薬を通販で購入するにはどのような方法をとればよいのでしょうか?通販と言いましても、海外から医薬品を個人輸入をするのですが、医薬品の個人輸入にもきちんと制約があります。まず個人輸入できない医薬品もあります※睡眠薬や精神安定剤の種類など他にも色々。もちろん麻薬や覚せい剤なども禁止されています。そして個人輸入した医薬品は個人で使用する場合のみ申請がいらず、販売目的や譲渡目的では申請が必ず必要となっています。さらに1度に購入できる個数が定められていたりなど、様々な規定があります。

ではこれらすべてをクリアするのは少し難しいと考えた人に朗報です。これら海外医薬品を個人輸入で購入する為に必要な事をすべてお手伝いしてくれるサイトがあるのです。個人輸入代行サイトなるものなのですが、通常の通販サイトと同じようなシステムで、尚且つ法律に基づいた方法で購入することができます。このサイトを利用することで簡単に尚且つ安価な値段で医薬品を通販で購入することができるのです。

医薬品を通販で購入する注意点

紹介する女性

処方箋薬を通販で購入できるとかなり便利ですが、もちろん注意点もあります。まず上記に記載した通り法律に基づいた購入方法でなければいけません。しかしこの点は代行サイトを利用することでスムーズに購入することができます。そして海外からの輸送という事も注意点としてあげられます。日本国内の通販は今やその日に届くというサービスまで存在しています。しかし海外から発送の為その日や次の日などと言った早急なサービスは望めないでしょう。さらに税関なども通さなければいけない為注文してから1週間以上は日にちを見ておきましょう。

早めに必要な医薬品の場合、余裕をもって注文しておくと大変便利です。医薬品の通販での最大の注意点は、海外業者の中には偽物を販売しているところもあるという事です。需要の高いものほど偽物は存在してしまうのです。特にバイアグラなどのED治療薬は偽物が多く販売されているようです。

通販で販売されている医薬品

通販で販売されている医薬品はたくさんありますがその中でも特に人気の高いものが先に説明したコンプレックスの悩みや誰にも知られたくない悩みなどの医薬品です。通販で販売されていることを知っているととても便利な医薬品ばかりですので、人気の高い医薬品をご紹介していきます。

ED治療薬

セックスに悩む男性

通販で一番人気がある医薬品はED治療薬です。EDとは勃起不全の意味で性行為時に十分に勃起することができず満足な行為ができないことを指すのですが、いわゆるインポテンツということです。その治療薬をED治療薬と言い、バイアグラなどは知名度がかなり高く人気もありますが、かなり高価な値段の為通販で購入する人が多いのです。バイアグラ以降にもED治療薬は開発されておりこれらも通販で購入することができます。

禁煙治療薬

禁煙マーク

タバコを辞めることができな人の最終手段として禁煙外来があります。今病院で処方されている禁煙治療薬がチャンピックスです。チャンピックスはニコチンを含まない初めての禁煙治療薬として活躍しており、多くの人が禁煙に成功しています。チャンピックスは保険が適用されない場合や、5回ほど通院しなくてはいけない為通販で購入する人が増えているようです。

性病治療薬

急所を隠す男性

性病の中でも日本で特に多いのがクラミジアなのですがクラミジアや他の性病治療薬も通販で購入することができます。性病治療薬は一般的に市販されておらず病院で処方してもらわなければいけないのですが、病院へ行かずそのまま放置している人もいるようです。そして放置したがために感染者は増加してしまっています。性病に感染したことを誰かに知られると困る人などもいるので通販での購入が人気となっているのです。

育毛剤

薄毛の頭

育毛剤の中でも病院でしか処方されないものや日本では未だ未承認のものもあります。日本で初めて厚生労働省によって承認された育毛剤にプロペシアと言うものがあります。病院の処方で飲むだけでAGAと呼ばれる男性特有の脱毛症を改善させることができるのです。さらにミノキシジルという成分を使用した直接塗るタイプの育毛剤もありますが、日本でもドラッグストアなどで薬剤師との対面購入で処方箋が無くても買うことができますが効果が高い反面値段も高額となっています。プロぺシアも保険が適用されず高額で、ミノキシジルも手軽に買うことができない為通販を利用することでお得に手に入れることができるのです。

薬の通販